タマゴサミン副作用

サプリメントと医薬品の違い

こうなってくると次に気になるのは、サプリメントと医薬品は何が違うかですね。まずサプリメントとは、基本的には食品に分類されるものです。もう少しくわしく書くと、サプリメントの成分には、口にしても差し支えないもの、または食品衛生法によって食品添加物の認定を受けたものしか使えません。だから食品と同じ分類なんですね。

 

たいして医薬品に関しては、その成分が食品として認められていなくても(きちんと臨床などをすませた上で)、薬事法の基準を満たしていれば使うことができます。そのため、医薬品は1日の服用量を明示できる(することが必要な)わけですね。サプリメントは、目安は示せても、薬のように1日の服用量を示すことができません。

 

これらを踏まえて、医薬品とサプリメントの効果の違いをまとめると以下のようになります。

 

医薬品 特定の疾病を治療・予防するものであり、即効性もある。そのため薬事法上「○○にきく」と表示することも可能。ただし副作用などもあり、服用量や服用すべき時期などが医薬品ごとにきめられ表示される。
サプリメント

あくまで食品の一種で、医薬品のような即効性を期待できるものではない。病気治癒ではなく健康の維持や健康の増進が目的であり、継続的に使用してみて効果があることを体感できるもの。

 

サプリメントは、薬事法上「○○にきく」と表示することができない。

 

たとえば風邪をひいたときにイチゴやみかんなどを食べると、「ビタミンCが多く含まれているから風邪に良い」とはいいますが、「果物を食べれば風邪が治る」とか「果物にはこんな副作用がある」とは言いませんよね。サプリメントも食品なので、このときの果物と同じようなものとイメージするとよいでしょう。

タマゴサミンの成分にアレルギーのある人は注意

前述したように、タマゴサミンは食品に分類されるサプリメントの一種なので副作用はありません。その一方で食品と同じなので、タマゴサミン公式サイトにもあるように、その成分についての食物アレルギーに関しては注意が必要です。

 

たとえば、これは当然ですが鶏卵を使った食品であることから、卵アレルギーがある方は残念ながらタマゴサミンを使うのを控えた方がよいでしょう。またグルコサミンは、カニ・エビなどから抽出しているため、これら甲殻類アレルギーのある方もタマゴサミンは利用をおすすめできません。その他、以下にあげるタマゴサミンの原材料をみて、ご自身のアレルギーに関係がある場合は使用を控えましょう。

 

N-アセチルグルコサミン(かにを含む)、卵殻膜粉末(卵を含む)、卵黄ペプチド、鶏足抽出物(ゼラチンを含む)、豚軟骨抽出物、ショウガ末、豚軟骨エキス、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、光沢剤、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、グァーガム、葉酸(原材料の一部に卵、鶏、カニ、ゼラチン、豚を含む)

タマゴサミンの添加物について

タマゴサミンにはいくつかの添加物が使われています。いわゆる無添加食品ではありませんが、使われている添加物は食品衛生法でも使用を認められた人体に影響がないものだけなので安心して下さい。

 

具体的には、錠剤の形成に必要な添加物、および品質保持に必要な添加物の2種類が使われています。それぞれの添加物の内容は以下表に挙げる通りです。

 

 

▽錠剤の形成に必要な添加物

 

結晶セルロース 栄養成分を固め錠剤として形作るのに優れた添加物です。一般的なサプリメントの錠剤に使われるだけでなく、医薬品の錠剤にも広く用いられています。また市販菓子などに使われている例もあります。
ショ糖脂肪酸エステル 砂糖の主成分であるショ糖と植物由来の脂肪酸から作った食品添加物です。ショ糖脂肪酸エステルは、マーガリンやアイスクリーム、プリンなどさまざまな食品にも広く使用されている添加物です。タマゴサミンでは、栄養素に粘り気をだして錠剤に固めるのに、ショ糖脂肪酸エステルを使っています。
グァーガム パキスタンやインドで栽培されているグァーという植物の種子からえられる天然多糖類。ドレッシングやソース、アイスクリームなど多くの食品で一般的に使われている添加物です。タマゴサミンでは、サプリメントとして固めるために粘り気をだす用途で使われています。

 

 

▽品質保持に必要な添加物

 

微粒酸化ケイ素 湿気を吸って品質が劣化するのを防ぐために使っています。多くのサプリメントやカップ麺などのインスタント食品、お菓子などでも使われています。
光沢剤 食品の表面に膜を作ることで、水分が蒸発したりその逆に湿気を吸ったりするのを防ぐために使われる添加物です。サプリメントで広く利用されている他、チョコレートやキャンディのような市販のお菓子などにも使われています。

 

 

この表で記載したように、タマゴサミンに含まれている食品添加物は、医薬品や市販の食品にも広く使われています。医薬品や市販食品を食べても身体に害がないように、同じような食品添加物を含むタマゴサミンも安心して摂取できるのです。

タマゴサミンの過剰摂取には注意

上述したようにタマゴサミンは医薬品ではなく食品に分類されるサプリメントなので、薬事法上、服用量や服用時期について明示することはできません。その代わりに目安として「1日3粒」と記載されているため、基本的にはこれを参考にするようにしましょう。

 

たとえばタマゴサミンに含まれる濃縮コンドロイチンやグルコサミン、コラーゲンなどは多く摂取しても身体に害がでることはないようですが、サプリメントの過剰摂取で下痢を引き起こす例もあるようです。

 

一刻も早くタマゴサミンの効果を実感したい、という気持ちはわかりますが、目安を守って摂取するとよいでしょう。「牛乳を飲み過ぎてお腹を壊した!」なんて例もあるように、いくら健康に良い食品でも、過剰な摂取はかえって身体を悪くする可能性もあるのです