タマゴサミン飲み方,タマゴサミン使い方

タマゴサミンを飲む際のおすすめの飲み物

タミゴサミンはタマゴ由来の新成分iHA(アイハ)を配合したサプリメント。関節痛・膝痛に悩む方に愛飲されています。

 

一般的にサプリメントは何らかの水分と一緒に服用するのが普通でしょう。しかしお茶やコーヒーと言ったカフェインやタンニン、カテキンなどを含む飲料はおすすめできません。それらが栄養素とくっついてしまい、せっかくの栄養素が体内に吸収されにくくなってしまうからです。

 

タマゴサミンを含めサプリメントを服用する際にもっとも無難でおすすめの水分と言えば、常温の水やミネラルウォーター。これらであれば栄養素が吸収されにくくなるといった不安がありません。かえって胃に刺激が与えられ活発化するメリットもあります。

 

なお冷えた水やミネラルウォーターは、胃腸を冷やして消化吸収の機能をにぶらせてしまい、結果的タミゴサミンの栄養素が吸収されにくくなる(体内吸収率が下がる)可能性があるので注意しましょう。そのため冷蔵庫でひやしていない常温のミネラルウォーターや水が良いわけです。

飲む時間帯はいつがベストなのか?何粒ずつ飲むのがよいか?

タマゴサミンのような健康補助食品は医薬品ではないので、薬事法上、飲むタイミングや時間帯を明示することができません。そのためタマゴサミンも、食前や食後といった飲むべき時間帯や明確な服用量が指定されていないのです。(「1日3粒」という目安はあり)

 

一般的にサプリメントは「この時間帯に飲まないとダメ!」というルールはありませんが、飲み忘れを防ぎ習慣化するためにも自分でいつ飲むか決めておくのが良いです。

 

また食前・食後どちらでないといけないということもありませんが、食後30分以内であれば食事と一緒に消化ができ、胃酸がでて消化器官の働きも活発化しているのでおすすめ。タマゴサミンには1日3粒という目安があることから、朝昼晩のお食事の後に1粒ずつ飲むのもよいでしょう。

 

とはいえお食事の時間が不規則で服用を忘れてしまいがちな方、1日2食しかとらない方などもいるでしょう。そんな方は、たとえば朝食の後にまとめて3粒服用するようにするとか、夕方におやつを食べた後に3粒服用するとか決めておくのもよいです。一番大切なのは、タマゴサミンを1日3粒服用することを、日常的な習慣として定着させることです。

どのくらいの期間飲むと効果が感じられるのか

タマゴサミンのようなサプリメントは、即効性のある医薬品ではありません。ある程度の期間服用を続けることで、効果が期待できる健康補助食品。利用者の中には「少し飲んでみたけど効果がなかったな」と、すぐに諦めてしまう方もいるようですが、それはもったいないです。

 

タマゴサミンの実際の利用者の口コミをいろいろみていくと、数週間で効果が出たという方、2〜3ヵ月また6ヵ月後に効果を実感したという方までいらっしゃいます。このように個人差があり一概に「この期間飲むとよい」とも言えませんし、公式サイトなどでも「○ヵ月飲んでください」といった目安も指定されていません。飲み始めてすぐにやめてしまった方は、その効果が出る前だった可能性もあるわけです。

 

タマゴサミンは少なくとも短期間で効果がでると約束できるものではありませんから、2〜3ヵ月は飲み続けてみることをおすすめします。公式サイトでは、1日3粒ずつの服用で2ヶ月分となる2袋を一括購入することで割引となる定期コースがあるので、ひとまずこのコースを試してみてもよいのではないでしょうか。なおタマゴサミンの定期購入のコースはいつでも解約が可能で最低利用期間のようなものもありません。安心して下さい。

タマゴサミンの飲み方に関する注意点

繰り返すようにタマゴサミンは医薬品ではなく健康補助食品であり、飲み方に関する「こうしないといけない」という決まりはありません。ただタマゴサミンに限りませんが、一般的にサプリメントは処方薬と一緒に服用するのは避けた方がよいようです。サプリメントの成分によって、処方薬の成分が体に吸収されたり作用したりするのを妨げてしまうことがあるためです。不安であればあらかじめ医師に相談するのをおすすめします。

 

またタマゴサミンは、このタイミングで何粒ずつ飲まないといけないということはありませんから、処方薬を服用するタイミングを外して摂取するのを習慣とするとよいでしょう。たとえば処方薬が1日3食の食後に飲むものだとしたら、3時におやつを食べるタイミングで服用するとか、(食後にしばられず)寝る前に服用するといった方法もあります。

 

なおこれは飲み方に関する注意というわけではありませんが、アレルギーのある方はタマゴサミンの服用に注意して下さい。たとえばタマゴサミンはタマゴを使ったサプリメントなので、卵アレルギーのある方が服用するのは避けた方がよいでしょう。それ以外にも、以下にあげる原材料にアレルギーのある方は、残念ながらタマゴサミンの服用は推奨できません。

 

 

N-アセチルグルコサミン(かにを含む)、卵殻膜粉末(卵を含む)、卵黄ペプチド、鶏足抽出物(ゼラチンを含む)、豚軟骨抽出物、ショウガ末、豚軟骨エキス、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、光沢剤、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、グァーガム、葉酸(原材料の一部に卵、鶏、カニ、ゼラチン、豚を含む)